飢餓の使徒 2/5点 イマイチ信用できない除去
5コストの標準的スタッツを持ちながら、除去or強化が可能なフォロワー。
スタッツは5/4と攻めに向いている。能力は飢餓の輝きに近く、フォロワー1体の攻撃力を+3してそのフォロワーが攻撃時に3点ダメージを受けてしまうようにするというもの。
つまり体力が3以下のフォロワーなら除去として働くわけだが、実はかなりの諸刃の剣だったりもする。
除去に即効性が無いため、スカアハなどを利用して体力を上げられたら大ダメージを受けてしまう他、ネクロなんかは自壊をトリガーに発動するカードのキーにも使われてしまう。
そのため除去として使うには少々信用が置けない。また強化としても使い勝手は良くないので高評価はできない。

ピック優先度はかなり低め。一応攻撃力は高めなので圧をかける力はあるが、有利時ぐらいにしか働かないため使い勝手は良くないだろう。


唯我の絶傑・マゼルベイン 4/5点 使えれば勝利は目前
6コストにしてはスタッツが低めだが、圧倒的な能力を持つ強力なフォロワー。
マゼルベインの最大の特徴と言えばその能力。毎ターン自分フォロワーを強化+相手フォロワーと相手リーダーに2点ダメージと最強クラスの能力をリーダーに付与してくれる。
しかし、その条件がわりときつめで、デッキに同名のカードがあってはならない。つまりハイランダー構築が求められてしまう。これはネメシスと相性最悪であり、また強カードを複数枚積めなくなるので厳しい一面がある。
だがそれを差し引いても強力な効果なので、狙うのも一考の余地はある。ハイランダー構築をする必要があると書いたが、デッキに同名のカードが無ければいい――つまり引いてしまえば解決するのでドローやサーチに優れてるならハイランダーにしなくても狙えないこともない。

ピック優先度は低くくもあり高くもある。デッキ構築の指針を決めるカードなのでよく考えてから採用しよう。


飢餓の絶傑・ギルネリーゼ 4/5点 器用貧乏であり万能でもある
7コストの能力を詰め込みまくった欲張りフォロワー。
スタッツは3/5と7コストにしては控えめ。だがしかし多くの能力を持っており列挙してみると、潜伏、ドレイン、強化、ドローと4つもある。
フォロワーを並べるのが得意なデッキなら強化がひかり、回復したい時にはドレインがひかる。更には相手がドローを得意としていた場合はドロー効果がデッキレスが狙える。戦術性能が非常に高いカードとなっている。
と言っても基本的な使い方は強化がメインとなるだろう。そのため横に並べるのが不得意なデッキだとその性能を活かしにくい。1体強化ならスカアハで十分なので2体以上の強化ができるようにしたい。

ピック優先度はまあまあ。ネクロだと横に並べやすいので採用しやすいカードであるだろう。とりあえず他に欲しいのが無い時にオススメ。