笛

近接武器は装備する場合、攻撃力、斬れ味、会心率、属性の4つを比較して装備を決めています。
しかし狩猟笛の場合は、ここに旋律効果も加えて比較しなければなりません。いえ、寧ろ旋律のみで決めてしまっても構わないと言っても過言ではありません。
そんなわけで今日は、どの旋律効果を持っていくべきかを考えたいと思います。


まずは今ある旋律効果を大まかに抜粋してみましょう。

攻撃力UP、属性攻撃力UP、状態異常攻撃力UP、防御力UP、精霊王の加護、体力回復、会心率UP、体力回復速度UP、体力UP、スタミナ消費軽減、各種属性防御強化、聴覚保護、風圧無効、振動無効、状態異常無効、地形ダメージ無効、特殊装具消費軽減、導虫追跡力強化、高周波

だいたいこんな感じですね。

この中で使っていきたいものは攻撃力UP、精霊王の加護の2つでしょうか。
その他のものはケースバイケース、もしくは完全に不要なものですね。
ただまあ、旋律効果については全くのリサーチ不足でそこまで深くツッコめないんですよね。
ディアブロス戦で使えそうな高周波ですが、今作はどんな手応えか未だに知りませんし。……初登場時の酷さは知っているのですがね。音爆弾効果なのに、長々と演奏しないと使えないという新規実装の旋律とは思えない性能でした。


と、話がそれました。
使いたい旋律効果を決めたら、次はそれを吹ける狩猟笛ですね。
攻撃力UPは【小】がバルキンホルンⅢ、【大】がフォルティッシモⅡ、ウォータータムタムⅢ、ヘビィボーンホルンⅡ、ガマルホルンⅡ、爆鱗鼓バゼルライド、おまけで攻撃力&防御力UP【小】を吹けるのがゼノ=マナシーナ。
結構豊富なラインナップですね。ただ残念なことに全体的に斬れ味が微妙に悪いんですよね。
特に今自分が使っている爆鱗鼓バゼルライドは、攻撃力こそトップクラスですが、斬れ味が非常に悪く青ゲージが20しかありません。更には会心率が-10%と狩猟笛版ディアブロス的な性能をしています。
これらを考慮すると、匠スキルが欲しくなってきますね。
笛は意外と攻撃的なスキルが必要なようです。


さてもう一方の精霊王の加護が吹ける狩猟笛はどれかと言うと、雷光ノ笛Ⅱとテオ=オルフェスの2系統だけです。雷光ノ笛Ⅱはキリン素材を、テオ=オルフェスはテオ・テスカトルの素材を要求してくる古龍武器になります。
旋律効果以外で言えば、テオ=オルフェスの方が優秀な武器ですが、旋律効果に地味な差があり、仲間を生存させるという面を見るなら雷光ノ笛Ⅱの方が優秀だと言えます。
しかし、事故防止を目的とするなら精霊王の加護以外不要なので、自力が高いメンバーと行くならテオ=オルフェスの方が一枚上手でしょうか。
難しい…ところですね。自分のプレイングにはどれが合うか、まだよく考える必要があると感じます。
そんなわけでまだまだ考えが纏まりそうにないので、今日はここまで。


それでは皆様、良きハンターライフを。